mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


年末年始特集など 全チャンネルから

音楽編 順不同


のだめカンタービレ』年越し一挙放送スペシャル!  BSFUJI
12月31日 17:00〜
http://www.bsfuji.tv/top/pub/nodame01.html

 年越し歌番、お笑い、格闘技に飽きてしまった方々へ...。大人気漫画『のだめカンタービレ』のアニメ第1弾「のだめカンタービレ」と第2弾「のだめカンタービレ 巴里編』を、17時間ぶっ続け全話放送!!


奇跡のピアニスト 辻井信行 飛翔への旋律  BSasahi
1月1日 21:00〜22:55
http://www.bs-asahi.co.jp/nobuyuki/

2009年6月、4年に一度開かれる「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で、全盲のピアニスト辻井伸行さんが、日本人として初めて優勝するという快挙を成し遂げた。そして、そのニュースに日本中が沸いた。
 辻井さんは17歳の時、史上最年少で「ショパンコンクール」に出場し、批評家賞を受賞しているが、今回の優勝は海外でのプロデビューを意味している。今後3年間、彼には、世界中でおよそ300のコンサートが待っている。9月22日、コンクールの会場となった米テキサス州フォートワースで凱旋コンサートを行い、再び聴衆に感動の音色を披露した。
BS朝日では、2005年12月、辻井さんがポーランドのショパンコンクールに挑戦したドキュメンタリーを放送した(12月31日再放送予定)。今回、その第2弾として、21歳の現在、世界の舞台で活躍するまでになった辻井さんの姿を描く。
ショパンコンクール以降、プロデビュー、母親からの自立、ヴァン・クライバーンへの挑戦と優勝、ヨーロッパ遠征、そして、今度のアメリカ凱旋コンサートなど、初公開の最新映像を交えながら、伝説のピアニスト・ヴァン・クライバーン氏が「奇跡のピアニスト」と呼んだ辻井伸行さんのピアノ・パフォーマンスを、心ゆくまで堪能していただく。

≪主な演奏曲目≫
 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第14番「月光」作品27 第一楽章〜
 ショパン「4つのマズルカ」作品24  ショパン バラード第1番 作品23
 ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第23番「熱情」作品57 第1楽章〜


小林研一郎指揮 オランダ・アーネム・フィルハーモニー来日公演 BSFUJI
http://www.bsfuji.tv/top/pub/music_kobayashi.html
1月1日 10:00〜11:55

 首席指揮者にはマエストロ・小林研一郎!アーネム・フィル初来日公演の模様をお送りする。

 世界で活躍を続けるマエストロ・小林研一郎。2006年にオランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者となった小林が、オーケストラの初来日となる2007年3月7日に東京・サントリーホールで行ったコンサートの模様をお送りする。
 オランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団はヘルダーラント州を拠点に、アムステルダムのコンセルトヘボウをはじめとしたオランダ国内主要ホールで定期演奏会を開催するほか、海外公演を含め年間100を超える演奏会を行っている。
アーネム・フィルと小林研一郎が紡ぐ名曲たちに酔いしれる、至福のひと時。

<演奏曲目>
ベルリオーズ:序曲「宗教裁判官」
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調
ベルリオーズ幻想交響曲


2009年 N響 「第9」 演奏会  bs-hi他
12月26日 12:00〜13:30
http://www.nhk.or.jp/bsclassic/special/index.html

交響曲 第9番 二短調 作品125 「合唱つき」  ( ベートーベン )
Ludwig van Beethoven: Sinfonie Nr.9 d-Moll Op.125
ソプラノ : 安藤 赴美子
アルト : 手嶋 眞佐子
テノール : 福井  敬
バリトン : 福島 明也
合 唱 : 国立音楽大学
  〃 : 東京少年少女合唱隊
管弦楽 : NHK交響楽団
指 揮 : クルト・マズア

[ 2009年12月22日, NHKホール ]


オペラ ガラコンサート bs-hi
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-12-27&ch=10&eid=6183
12月27日 9:00〜11:00

ドイツ南部にあるバーデンバーデンはヨーロッパ有数の保養地。ここの祝祭劇場で収録された珠玉のオペラ名曲集を放送する。
 アンナ・ネトレプコとエレナ・ガランチャという今をときめく美貌(ぼう)のプリマドンナ2人に、名テノールのラモン・ヴァルガス、バリトンのリュドヴィク・テジエの4人が、「清らかな女神よ」(ノルマ)「闘牛士の歌」(カルメン)など極め付きのオペラ・アリア名曲を次々に披露する豪華なコンサートだ。ネトレプコとガランチャによる「花の二重唱」(ラクメ)や四重唱「美しい乙女よ」(リゴレット)といった一期一会の美声の競演が会場を熱狂させた。5.1サラウンドで迫力の臨場感をお楽しみいただく。

 

夢の音楽堂 小澤征爾が誘(いざな)うオペラの世界 再 1部〜3部 bs-hi
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-12-28&ch=10&eid=7075
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-12-29&ch=10&eid=7555
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2009-12-30&ch=10&eid=7963

12月28日 9:00〜11:00 1部
12月29日 8:00〜10:45 2部
12月30日 8:00〜11:30 3部

1部

「歌劇“フィデリオ”から 第2幕フィナーレ」ベートーベン作曲
                              
                (ソプラノ)デボラ・ポラスキ
                 (テノール)ヨハン・ボーダ
               (バリトン)トマス・ハンプソン
              (合唱)ウィーン国立歌劇場合唱団
            (管弦楽)ウィーン国立歌劇場管弦楽団
                     (指揮)小澤 征爾
                              
  〜オーストリア ウィーン国立歌劇場で録画〜       
                              
「歌劇“フィガロの結婚” 第2幕」     モーツァルト作曲
                              
                   チュリル・スチューダー
                       ルチオ・ガッロ
                 ルッジェーロ・ライモンディ
                   マリー・マクロックリン
                    ガブリエーレ・シーマ
              (合唱)ウィーン国立歌劇場合唱団
            (管弦楽)ウィーン国立歌劇場管弦楽団
                (指揮)クラウディオ・アバド
                              
  〜オーストリア アン・デア・ウィーン劇場で録画〜

2部


「歌劇“スペードの女王”」全曲     チャイコフスキー作曲
                              
                ウラディーミル・アトラントフ
                     ミレルラ・フレーニ
                      マルタ・メードル
                  セルゲイ・レイフェルクス
                 ヴェッセリーナ・カサロヴァ
              (合唱)ウィーン国立歌劇場合唱団
            (管弦楽)ウィーン国立歌劇場管弦楽団
                     (指揮)小澤 征爾
                              
  〜オーストリア ウィーン国立歌劇場で録画〜       

3部
「歌劇“ばらの騎士” 全3幕」 リヒャルト・シュトラウス作曲
                              
                   フェリシティー・ロット
                        クルト・モル
             アンネ・ゾフィー・フォン・オッター
                  ゴットフリート・ホーニク
                      バーバラ・ボニー
              (合唱)ウィーン国立歌劇場合唱団
            (管弦楽)ウィーン国立歌劇場管弦楽団
                (指揮)カルロス・クライバー
                              
  〜オーストリア・ウィーン国立歌劇場で録画〜


クラシック・ハイライト2009 教育
http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=pqXPFxZp&g=3
12月31日 21:25〜24:05

大みそかの夜に2009年のクラシック音楽シーンを振り返る「クラシック・ハイライト2009」。今年はヘンデルハイドンメンデルスゾーンといった大作曲家のアニバーサリー・イヤーにあたり、関連した数多くの演奏会やイベントが行われると同時に、ウィーン・フィルやミラノ・スカラ座といった著名団体の来日公演が行われた。2009年クラシック・シーンの話題を織りまぜながら、NHKが収録し、放送した話題の公演の模様を、ハイライトでお送りする。


ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート2010 教育
http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=XcEsAUdk&g=3
1月1日 19:00〜22:00

毎年オーストリア・ウィーンのウィーン楽友協会大ホールで行われる「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」。クラシック音楽界最大のイベントであるこのコンサートは、全世界の70を超える国と地域に生放送で配信され、世界で最も多くの人々が同時に視聴するクラシックコンサートとなっている。ウィンナ・ワルツを中心に華やかな名曲の数々が演奏されるが、その中で話題となる「今年の指揮者」は、フランスの指揮者ジョルジュ・プレートルである。85歳を越えて、今なお世界一流の指揮者であるプレートルは、2008年以来2年ぶり2回目の登場である。フランスならではのエスプリと優雅さのあるプレートルの指揮の下、世界最高峰のオーケストラであるウィーン・フィルがどのような音楽をつむぎだすのか、ウィーンの聴衆のみならず世界中のクラシックファンから大きな期待がよせられている。またコンサートの音楽に合わせて登場するバレエもこのイベントならではの魅力のひとつ。ウィーン国立歌劇場バレエ団を中心に華麗なパフォーマンスを披露する。このコンサートの模様を、教育とFMではすべて生放送、BShiと総合でも放送する。


第53回NHKニューイヤー・オペラコンサート  教育
http://cgi4.nhk.or.jp/feature/index.cgi?p=gFKwxfKv&g=3
1月3日 19:00〜21:00

新春恒例のオペラの祭典「NHKニューイヤー・オペラコンサート」。53回目となる今回のテーマは、「歌の起源、オペラを超える劇空間」。バロック・オペラからリヒャルト・シュトラウスプッチーニまでのオペラの歴史を、時にオペラの枠を超えながらスペクタクルで官能的に演出する。歌手陣には、バイロイト音楽祭でも活躍する国際的メゾ・ソプラノの藤村実穂子、たぐいまれな美声で国内外のオペラで主役を歌うテノールの佐野成宏、日本を代表するテノールとしてゆるぎない福井敬など、人気・実力を誇る豪華ソリストを招き、新年を飾るにふさわしいぜいたくなステージを繰り広げる。また、イギリスのロイヤル・バレエでの圧倒的な実績と人気を誇る世界的バレリーナ、吉田都も登場。オペラの祭典に花を添える。

思ったよりいろいろあるもよう。