mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


人形浄瑠璃文楽名演集 通し狂言 菅原伝授手習鑑 DVD-BOX

http://www.amazon.co.jp/dp/B001QU81MW/

NHKと国立劇場の協力により、文楽三大名作のひとつ「菅原伝授手習鑑」完全収録が実現!

『義経千本桜』『仮名手本忠臣蔵』とともに、文楽の三大名作のひとつと評される『菅原伝授手習鑑』(すがわらでんじゅてならいのかがみ)。NHKと国立劇場に保管されているアーカイブ映像より、初段「大序 大内の段」から五段目「大内天変の段」までの全段をDVDに完全収録!上演時期は昭和34年~平成14年と幅広く、現在上演されていない段も収録。また、今は亡き名人、豊竹山城少掾、竹本越路大夫、吉田玉男の名演も収録した決定版。

【出演】
豊竹山城少掾
竹本越路大夫
吉田玉男 ほか

【内容】
初段
・大序 大内の段 (昭和47年 国立劇場第22回文楽公演)
・加茂堤の段 (平成8年 国立劇場第116回文楽公演)
・筆法伝授の段 (平成8年 国立劇場第116回文楽公演)
・築地の段 (平成8年 国立劇場第116回文楽公演)

二段目
・道行詞甘替 (昭和47年 国立劇場第22回文楽公演)
・安井汐待の段 (昭和47年 国立劇場第22回文楽公演)
・杖折檻の段 (平成14年 国立劇場第86回文楽公演)
・東天紅の段 (昭和58年 朝日座文楽公演)
・丞相名残の段 (昭和58年 朝日座文楽公演)

三段目
・車曳の段 (昭和34年 NHKスタジオ)
・茶筅酒の段 (平成元年 国立文楽劇場第30回文楽公演)
・喧嘩の段 (平成元年 国立文楽劇場第30回文楽公演)
・桜丸切腹の段 (平成元年 国立文楽劇場第30回文楽公演)

四段目
・天拝山の段 (平成14年 国立文楽劇場第86回文楽公演)
・北嵯峨の段 (昭和47年 国立劇場第22回文楽公演)
・寺入りの段 (平成元年 国立文楽劇場第30回文楽公演)

五段目
・大内天変の段 (昭和47年 国立劇場第22回文楽公演)

計566分収録/画面サイズ4:3/カラー/モノクロ・カラー/モノラル・ステレオ/英語字幕ON・0FF機能付/リーフレット付

今回、特筆すべきは、やはり「車曳の段 (昭和34年 NHKスタジオ)」で
先のETVのアーカイブでも放送された、豊竹山城少掾、吉田難波掾の共演で、
山城少掾引退時に5歳年上の難波掾が立役を演じている、スタジオならではの映像、
晩年で四人操りになってしまっている


桜丸切腹の切り場は越路大夫師と清治さん
2段目切、道明寺の段も同じ



自分が心配しなくても、やはり貴重な映像は公開してくれるもよう、
ただオンデマンドやこういうDVDで、売り上げを上げるくらいなら、放送法との問題もあるだろうけど、
視聴料は値下げするべき。