mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


NHK大河、本能寺が変!?

 舘版・信長の最期は、サーベルにブーツの洋装に加え、銃撃戦、正室・濃姫と笑って死ぬなど意外性の連発だ。30日、NHK大河ドラマ功名が辻」(日曜午後8時)で、前半のヤマ場となる「本能寺の変」の収録が行われた。織田信長役の舘ひろし(56)は「『俺たちに明日はない』みたいな銃撃戦の末に自害する」と、設定の一部を明かした。
 足元に黒革のブーツ、手にはサーベル、そして、弓矢ではなく銃弾に倒れる…。諸説ある「本能寺の変」は、過去に何度も映像化されているが、舘版は異色ずくめの内容になった。
 昨夏のクランク・イン以来、7カ月の収録を終えた舘は「最初に描いてたエキセントリックな信長を演じられたかな」と満足そうに振り返った。舘は自分の信長像をスタッフと相談し、ブーツを履き、洋装に近い形で最期を迎えた。
 舘のもう1つの決断は「笑って死ぬ」信長だった。代表曲が「泣かないで」だからではない。「信長の光秀に対する信頼は高かった。その人間に裏切られたのだから、自分を笑うしかなかったんじゃないか」と考えた。信長は安土城を訪ねた盟友・徳川家康の接待役に光秀を指名しており、史実でも信頼度の高さが証明されている。それだけに舘は、裏切りを最期に笑う信長を選択した。
 最期に濃姫が居合わせるのも驚きだ。斉藤道三の娘で光秀とは血縁説もある濃姫(帰蝶)は、信長とは政略結婚説が強く結婚後の消息は不明。しかし、今回の本能寺の場面には、信長のもとに濃姫が駆け付ける。舘は「最期は濃姫の腕に抱えられ、自害を遂げる」と明かし、濃姫演じる和久井映見(35)は「信長に人間の心を取り戻して欲しいと訴え続け、最後にやっと思いが通じたんだと思う」と収録場面を語った。
 極めつけは銃撃戦だ。封建社会の秩序を守るため信長を討ったとされる光秀が、弓矢ではなく銃で攻め込む。青年時代から火縄銃に興味を持ち、戦でも多用した信長が銃弾に倒れる皮肉が描かれる。「あぶない刑事」など銃撃シーンに慣れているはずの舘も「よろいを着けて銃撃戦…さすがに僕もどうなるかと思った」と苦笑した。一方、光秀を演じた坂東三津五郎(50)は「一命をかけて日本を守ろうとした光秀の心意気がよく出ている」と手応えたっぷりの様子だった。この模様は6月11日放送。
(日刊スポーツ) - 3月31日9時59分更新

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060331-00000079-nks-ent
史実と思ってしまう人はいないだろうか、