mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


忘れそうな12月12日記

並列日記です。 
googleストリートビューが目線を落として、高画質で撮影し直したもので、現実と混ざってしまうのですが、自分の写真を見ながら記してみたいと思います。

より大きな地図で 2010-12-12 を表示

前々から地図を見て嵯峨天皇陵がどうしても気になっていたもので、
ピンポイントで行ってみようと駅から15分ほど歩いて入り口到着、
今は携帯のGPSが道案内をしてくれるので、迷子になることもなく来れた、
地元の方の散歩コースであったり、ジョギングだったりサイクリングだったり、、という雰囲気。


まず、来て思うことは大変綺麗で清潔、ゴミひとつ落ちていない、
地元の方の姿勢が窺われ引き締まった気分でお参りさせていただく、、、


演出?かどうかはわからないですが、大変良く考えてあって入り口は木々で薄暗く
重みがあったのですが、途中まで来ると急に視界が開け晴れ晴れ、一気にハイキングコースの
雰囲気になってくる、、どうも先に地元の方2人で、健康ウォーキングのようで、
せっせと歩かれている。
とにかく眺めが良くなって、大覚寺方面、広沢の池、遠くには双ヶ岡まで見える、、


そして10分ほど、息が切れてくるころ到着、
やはり我が嵯峨離宮、そして大事にしていた嵯峨の地が一望出来るここに陵墓があるというのはもっとも、、やはり嵯峨の地の守り神的に大事にされているのだと思う、やはりここにお参りに来なければ、
嵯峨巡りをしました、ということにはならない、、


陵の周りをぐるっと回れるようで、回ってみる、、
反時計回り
SH3C0047
SH3C0047 posted by (C)お寺しゃしん

ぐるっと回って3時の方向から、登山道というかハイキング道に入れて、北の菖蒲谷池まで簡単に行けるとのこと。


ひとしきり景色など堪能した後、降りて行く、、そして噂ではものすごい気分の良いところ、という噂の
後宇多天皇陵へ、途中うっかり直指庵により忘れ、そのまま進む、、、、のどかな雰囲気が続き、野菜の自動販売機に驚きながら、到着。


木々の中に2つの池、その池の間を進んで天皇陵へ、
SH3C0057
SH3C0057 posted by (C)お寺しゃしん
マイナスイオンがいっぱいの噂に違わず、
癒しスポット、ベンチもあって散歩休憩の方だったり、
そして東北方向の長刀(ちょうさか)越えのハイキングだったりといろいろな方が通られる、、


こちらもひとしきり、楽しんだ後、次へ


(つづく)