mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


マックイーン氏のブランド維持を発表について気になる記事

グッチ、自殺したマックイーン氏のブランド維持を発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000014-cnn-int
ロンドン(CNN) フランスの高級ブランド、グッチは19日、今月11日に自殺した英人気デザイナー、アレキサンダー・マックイーン氏(当時40)のブランドを今後も維持するとの声明を発表した。同氏はグッチグループと組み、作品を発表していた。

グッチの今回の方針表明で、マックイーン氏が運営していた店舗11店、従業員180人は今後も業務を継続する可能性が出てきた。グッチは、同氏の店舗の経営権など51%を獲得している。

グッチは声明で、マックイーン氏の作品はファッションを超えたアートの世界と高く評価、「彼のブランドを残すことが最善のはなむけになる」と述べた。

英国の検視当局は17日、衣装戸棚内での首つりが原因の窒息死が死因と発表していた。自殺に触れた遺書も見付かっていた。動機に触れているのかは不明。だが、最近、母親を亡くし、自殺の数日前、一言ブログのTwitterで強い精神的な動揺を吐露していた。警察は、事件性はないと断定していた。

マックイーン氏は米女優サラ・ジェシカ・パーカーニコール・キッドマンサンドラ・ブロックなどのファッションを手掛けた人気デザイナー。ロンドンのイーストエンドに生まれ、紳士服街サビルローで英王室御用達の会社に入社。有名スタイリストに見出され、一流デザイナーに成長していた。

抜群のセンスで、前衛的でありながら、独特の落ち着きも持ち、サビルローで培った卓越した立体断裁パターンで、オンリーワンだったマックイーン死去。
そしてその後もなんとブランド維持とのこと、トム・フォード無きグッチグループにそれが可能なのか疑問、
自分より4つほど年が離れているだけで、センスも感覚も近く、一番好きな所だっただけに残念、近年落ち着いてきたところも自分の年齢が上がるとともに、
良かったと思っていたところで残念だった。LVMHとグッチグループとのいざこざで日本ではメンズが全く手に入らなくviabusstopにいっても買えなかったのが本当に残念。