mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


白洲正子の世界 〜かくれ里〜 DVD-BOX  11月27日発売予定

http://www.nhk-ep.com/shop/commodity_param/ctc/+/shc/0/cmc/13894AA/backURL/http%28++www.nhk-ep.com+shop+main/detail.html

本物の「美」を知る女性、白洲正子。彼女を魅了した、貴重な寺社・仏像を巡るDVD。

観光地化されていない、「世を避けて隠れ忍ぶ村里」。独自の視点で見つけ出した、その場所を白洲正子は「かくれ里」という本にまとめました。白洲正子の代表作「かくれ里」の世界を映像化し、知る人ぞ知る、神社仏閣や仏像、工芸品などを訪ねます。奈良、京都、滋賀を中心に、いにしえの趣を残す村里を旅しながら、白洲正子の生き方、感じ方に触れることができます。
【収録内容】
第一巻
・油日(あぶらひ)から櫟野(らくや)へ
・宇陀の大蔵寺
・薬草のふる里
・吉野の川上
・石をたずねて

第二巻
・金勝山をめぐって
・山国の火祭
・滝の畑
木地師の村
・丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)

第三巻
・長滝 白山神社
・湖北 菅浦
・西岩倉の金蔵寺
・花をたずねて
・久々利の里

第四巻
・田原の古道
・越前 平泉寺
・葛川 明王院
・葛城のあたり
・葛城から吉野へ
※「葛」は正しくは「ヒ」の部分が「人」です。

白洲正子 プロフィール】
1910年、東京生まれ。海軍大臣・文部大臣などを歴任した、樺山資紀伯爵の孫娘。幼時より梅若宗家で能を習う。14歳で米国留学、1928年帰国。翌年、白洲次郎と結婚。小林秀雄青山二郎梅原龍三郎洲之内徹ら、近代日本の美術・思想界を代表する人々と幅広い交友をもつ。1972年に『かくれ里』で読売文学賞を受賞。1998年、死去。

○2005年〜06年放送
このDVDは、白洲正子の代表作群を映像化した全50回放送の中から、「かくれ里」に焦点を当てた20回(各巻5回)を収録しております

いいものだった記憶が…目次で想像してみたい、