mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


中村又五郎さん死去について気になる記事

歌舞伎の名脇役、中村又五郎さん死去
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/224386/
 多くの役者を育てた歌舞伎の名脇役、中村又五郎(なかむら・またごろう、本名・中村幸雄=なかむら・ゆきお)さんが21日午前4時10分、老衰のため、東京都内の自宅で死去した。94歳。東京都出身。自宅は非公表。通夜は26日午後6時、葬儀・告別式は27日午前11時半から東京都港区芝公園4の7の35、増上寺光摂殿で。喪主は長男、中村甚之介(なかむら・じんのすけ)氏。
大正3年7月21日生まれ。父親は初代中村又五郎。父親に早く先立たれ、6歳で2代目又五郎を襲名して初舞台。名子役と言われた。父親と親しかった名優・初代中村吉右衛門のもとで修業し、女形や若衆、のちに立役(男の役)、敵役、三枚目、老女役と芸域を広げ、歌舞伎界の最年長者として後進の指導にも当たっていた。

 近年、中村勘九郎の「髪結新三(かみゆいしんざ)」に大家の長兵衛役でしばしば出演。勘九郎演じる小悪党の新三の上前をはねる強欲な大家をユーモラスに演じてファンを喜ばせた。

 また、昭和45年に国立劇場が発足させた歌舞伎俳優研修制度の主任講師をつとめ、50人余の役者を歌舞伎界に送り込んだ。「教えることは教わることでもある」が持論で、市川猿之助一門の市川笑也ら人気スターも育てている。

 又五郎さんのファンだった作家の故池波正太郎氏に「又五郎の歳月」の著書があり、人気シリーズ「剣客商売」の主人公、秋山小兵衛は又五郎さんをイメージして書いたという。

最古老の人間国宝であったと思われる、、残念、、次は雀右衛門が最古老になってしまうもかも