mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


芸術新潮 2009/1月号

http://www.shinchosha.co.jp/geishin/index.html

大特集

運慶 リアルを超えた天才仏師
[解説]山本勉

はじめに

〈年譜〉運慶とその時代

【運慶への旅】

〈東国篇〉なぜ東国に、こんなに運慶仏があるのですか?
静岡・願成就院阿弥陀如来坐像/不動明王および二童子立像/毘沙門天立像
神奈川・浄楽寺―阿弥陀如来および両脇侍像/不動明王立像/毘沙門天立像
東京・真如苑大日如来坐像
栃木・光得寺―大日如来坐像
愛知・滝山寺―聖観音菩薩立像/梵天立像/帝釈天立像
神奈川・称名寺光明院―大威徳明王像

〈南都篇〉なぜ弱小工房が奈良復興で大活躍できたのですか?
奈良・円成寺大日如来坐像
奈良・興福寺―仏頭/弥勒仏坐像/無著菩薩立像/世親菩薩立像
奈良・東大寺―金剛力士立像/俊乗上人坐像(重源像)

高野山篇〉運慶と快慶のちがいを教えてください。
和歌山・金剛峯寺―八大童子立像

〈京都篇〉仏像の宝庫、京都に運慶仏はないのですか?
京都・六波羅蜜寺地蔵菩薩坐像

〈コラム〉
1 ステイタスシンボルは池と運慶 [文]大澤伸啓
2 ふたつの仏頭と悩ましき耳 [文]水野敬三郎
3 リアリズムはどこからきたのか? [文]根立研介
4 霊験仏化する運慶 [文]瀬谷貴之

運慶仏みちしるべ
展覧会案内

東国編が一番多いのが意外、