mittsuの日記

ダイアリーからブログへ移行できるかの検証用です。主にデザインと過去内容の移動です。

ここは検証用です。下記が本体です。

http://d.hatena.ne.jp/mittsu/


蝉の仏像で気になる記事

盗品判明の仏像、13年ぶり返還甲賀の美術館「日中友好の証し」
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007122000103&genre=M1&area=S10
 滋賀県甲賀市の私立美術館「MIHO MUSEUM」は20日、盗品と分かった6世紀前半の中国の菩薩立像を返還する作業を始めた。年内に大阪港から船で出発、13年ぶりに“故郷”の中国山東省に戻る。

 菩薩立像は、美術館側が1995年にロンドンの美術商から約1億円で購入。美術館は「日中友好の証し。仏像を無償で寄贈することで、今後も中国とも良好な関係が築ける」と話している。今後も5年ごとに中国から無償で借りて展示できるという。

 20日午前、菩薩立像の展示場所で運送業者が4人がかりで作業を開始。綿や布などで像の頭部を保護し、全身を丁寧に包んだ。組み立てた滑車でつり上げ、スポンジを敷き詰めた木箱に納め、約2時間で梱包作業を終了。館内の収納庫で保管した。
 美術館によると、菩薩立像は石灰石製で高さ約120センチ。中国の北魏時代末期−東魏時代の作品で、セミをかたどった珍しい冠飾りが特徴。94年に中国山東省の役所の庭から盗まれたという。99年に盗品の可能性が浮上し、中国政府が調査し確認した。(共同通信

中国の国宝蝉の仏像がとうとう返還へ、ミッシェルバンラインが中国に通報、
仲を取り持つことで莫大な手数料をかすめ取ろうと目論んでいたところ、
なんと無償で返還とのことで、そのたくらみは消えてしまった。ということで有名な曰くつきな仏像、
大変素晴らしいもので一度見に行ってみたいと思いつつも結局は叶わず、
ただ、辛苦してお布施を重ねた信者の方のお金で購入されていたと思うと、信者の方が大変気の毒、、、、、